50代・60代男性でもセフレができるおすすめの出会い系サイトとは?

 

本日は50代60代男性でもセフレができるおすすめの出会い系サイトについて記事を書きました。

 

「自分はおっさんだからセフレは作れない・・」

なんて思っていませんか?

 

おっさんでもセフレは作れます!

そのため今回は50代60代男性でもセフレを作れる出会い系サイトやセフレを作るためのポイントを解説していきますので最後までご覧ください。

 

50代・60代男性でもセフレができるおすすめの出会い系サイトとは?

まずは、ハッピーメール,ワクワクメール,ペアーズ, 華の会,イククル,タップル,Tinder,Piboy,with YYC PCMAXなどの数ある出会い系のサイトで、女性を物色してください。自分の目的(セフレ)に合う女性に出会うことを、目指してください。

 

特に「おすすめ」と言うよりは、これらに登録し、効果的な自己PRに努めるとともに、良い異性を探してください。

いい異性というのはあなたの目的に合うとか、方向性が一致している、趣向に合うとか、趣味が合うとか、好みのタイプだとかです。

 

1つだけ登録するのではなく複数のサイトに登録したほうが、多くの女性と出会えるため最低3つの出会い系サイトには登録をすることをおすすめします。

 

50代60代男性でも出会い系サイトを使えばセフレができる?

 

「年齢は関係ない。好みの男性なら年齢に拘らない」

という女性も少なからず存在しますが、一般的には

 

「上は~~~才まで」「下は~~~才まで」

 

という自分なりの垣根を設けている女性の方が、圧倒的に多いことも事実です。

 

そのため若い女性が多数登録している出会い系(例Tinder・タップル)ではなく

50代・60代の、いわゆる、熟年男性が、自分に向き合ってくれる女性と接することが出来るサイトを選んで、チャンスを窺うことが、効率が良いでしょう。

 

そこで見つけた女性へ如何にアピールできるか、どうしたら自分に顔を向けてくれるかがポイントです。

そういった点を外さなければ、最終的に、セフレになる女性を掴むことができるのです。

 

セフレが欲しい50代60代男性におすすめな出会い系サイト3選

 

50代60代男性におすすめな出会い系サイトを3つご紹介します。

 

まずはハッピーメールです。

 

 

 

ハッピーメールは登録会員数2000万という日本最大級の出会い系サイトです。

 

次にワクワクメールは登録会員数が750万人なのでこちらも登録しておきましょう。

 

「数打ちゃ当たる」の論理ではないですが、このふたつのサイトは登録してみる価値はあります。

 

華の会は、比較的中高年が多いので、ここにも登録してみてください。

華の会メール

勿論、これら以外のサイトでもチャンスは作れますが、この3サイトの利用が効率が良い(当たる打率がいい)と思います。

 

50代60代男性が出会い系でセフレを作るためのポイントとは?

30代40代50代の倦怠期やレスで欲求不満気味の、人妻やバツイチ女性やシングルマザーが狙い目です。

 

彼女たちは、 快楽よりも精神的な安らぎ、すなわち、心の若返り、心の繋がりを求めているので、疑似恋愛(恋人気分)に持ち込むのがポイントです。

 

彼女たちは、非現実世界(または”妄想”)を求めていますので、その夢を叶える相手であることをアピールできれるのが成功への近道です。

 

年令的にも妊娠の心配がもうないので、堂々と中出しができるというメリットがあります。

 

紳士たれ

 

「私は紳士です」というスタンスを崩さずに、如何にセフレ関係に持ち込むかを、工夫してください。

 

紳士のダンディズムや清潔感を醸し出し、女性の話に耳を傾け、よく話しを聞いてあげるのです。

「この人は真面目で一生懸命だ。私に大変興味を持ってくれている」

と思わせるのです。

 

動物の交尾を見ると、牡よりも牝の方が誘っていまうが、人間世界でも男性よりも女性の方が性欲が強く、快感度も高いのですが、(女性は)表面的には、それを隠して現さず、消極的に見えますが、実は男を求めてやまないんです。

 

だから、女性第一(セックスは二の次だと)を装って(女性に)尽くしてください。

 

また、焦って、ガツガツしないように気を付けてください。セックスに興味ないという風に装っている女性に、(男の)欲望の塊のようなガツガツ感を、表に出すことは禁物です。

紳士らしい「優しさ」を出すことも忘れてはいけません。こまめに女性への気遣いを発揮してください。

 

褒め殺し

 

この年代の熟年女性は、口には出さずとも、内心では、衰えた容貌や、崩れかけた身体に、少なからず、劣等感を持っています。

そこで「貴女は、まだまだ女性らしさが残っていますよ」と気付かせてあげるのがポイントです。

「可愛いね」

「きれいだね」

「まだまだ魅力的だね」

「女性的だね」

「好きなタイプです」

「若いね」

「理想的だね」

「ほかの女性と違うね」

 

とにかく、褒めて褒めて褒め上げてください。

褒められて悪い気がする女性はいません。

 

「私は、まだまだ現役だわ。私の魅力が男性を惹きつけるのね」

 

と、嬉しい気持ちになります。

 

気持ちが高ぶります。

褒めてくれた貴方に好意を寄せます。

貴方に何もかも許します。

悦んで身体を許します。

 

そして、喜んで貴方のセフレになってくれます。

 

注意点

 

サイトへ登録する際には、プロフィールを充実させましょう。

正直なプロフィールを書きましょう。

 

多少の誇張はOKですが、嘘はご法度です。

 

嘘は、後ほど自分で書いた内容を忘れがちで、結局、バレてしまうので、相手の貴方への信用がガタ落ちになるという、自分で自分の首を絞めるような、惨めな結末を迎えてしまいます。

 

一方。もし、女性が嘘混じりのプロフィールを書いていた場合には、その女性は(結婚詐欺のような詐欺師でない限り)付き合っているうちに、いずれ、良心の呵責に耐え切れず、正直なところを白状するものです。

 

もちろん、正直だけでは女性に注目されません。

 

何が女性に好まれるか、女性が何を求めてここへ来たかなどを、よく考えて、誇張なしに、書いてください。

 

ガツガツしないことは、先に指摘しましたが、誘い方にも注意が必要です。

 

「自分にはその気がないのに、誘われたので断るのも悪いから誘いに乗ってあげたのだ」

 

と、女性に”言い訳”の逃げ道を作ってあげるのです。

 

心の中の言い訳を作ってやるのです。

 

「気がすすまないなら断ってもいいよ」と思わせるのです。

 

まとめ

 

女性に対する、こまめさ、熱心さ、誠意、正直さ、尊敬の気持ち、尽くす心、憧憬、羨望、といったような、少年の頃に、男が心の内に抱いていた、普遍的なスタンスは、セフレ探しでも同じです。

 

30代40代50代の女性に対してでも同じです。

 

熟年とか中年とかおばさんとかという気持ちを持っては駄目です。

まして、そのような気持ちを表に出す、態度に出す、言葉にするなどは、絶対に、タブーです。禁句です。

 

女性は、、幾つになっても奉ってください。

 

女性を奉って損になることは皆無です。

奉って奉って奉ってください。

 

奉られて嫌がる女性は皆無でしょう。

気味悪がる女性はいるかも知れません。

 

中には、奉られる裏(理由)を探る疑い深い女性(その人は多分以前騙されたりした苦い経験があるのかも)も存在するかも知れませんが、それは極めて少数派ですから、躊躇せずにチャレンジしてみましょう。

アラサー童貞男が年間20人以上の女性を抱いた秘密のノウハウを大公開!

 

童貞を卒業したい方・落としたいキャバ嬢がいる方・ネットで女性と知り合いゴールしたい方

このメルマガに登録することをおすすめします。

女性心理に基づいた口説き方、ネットでセフレを作る秘密のテクニックを無料で公開します。

さらに今なら以前、有料で販売していた商材2点と5日間にわたるモテる男になる音声講義を無料プレゼント!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です